とある話

憎しみで綴る魂の投稿。飲み会は行きたい人だけ行けばいい。

 

こんにちは、飲み会大嫌いのワタリです

 

僕はね、飲み会、大嫌いなんです

 

何度も言うよ

 

飲み会が大嫌いなんです!

 

今回の記事は飲み会が大嫌い!ということを永遠に語っていく記事です

 

 

飲み会大好き☆って人。

 

帰れ。

 

ここにお前の居場所はない

 

なぜ飲み会が嫌いになったのか

 

始まりは専門学生時代。

それもそのはず、お酒は二十歳になってから。

僕は酒に弱い体質なので普段から飲むことはそうありません

しかし、僕が通っていた専門学校は飲み会大好きなクソ教員ばかりな糞校だったのです

 

歓迎会、忘年会、新年会はもちろん、

テスト終わったら飲み会、グループ活動終わったら飲み会、何もなくても飲み会…

 

多すぎぃ

 

酒弱い人にはつらいし

飲みに学校へ行ってるようなもんだよ

 

良い飲み会ならいいけど

そうは思えなかった

1テーブルに1人くらい教員がいて

勉強の事とか昔の自慢とか説教とか…

教員の機嫌とらないといけないしそもそも高いし

そんで二次会?

 

冗談じゃねえよ

 

何のメリットも無い、得るもの無いくだらない会に時間もお金も使いたくないわい!

 

そんで何!?

飲み会の作法だなんだって言って

コップの酒が少なくなったらすぐ足せ!

先輩、教員の酒の量には常に気をつけろ!

ラベルは上だ!

二次会は来い!

 

頭沸騰しそう

 

 

 

 

飲み会嫌いの成年がとった行動

 

こんなゴキブリホイホイ(飲み会)に費やす時間がもったいない

 

二次会なんて絶対行きたくないしどうにか途中で離脱したい

 

酒が弱く、すぐ赤くなる僕は思いついた

 

そうだ、潰れたフリをしよう

 

1杯飲めば顔が真っ赤になる僕はその体質を利用するほかなかった

 

1杯くらいなら真っ赤になるだけで気持ち悪いとか頭痛くなったりはしない

 

少し飲んでベロベロになるフリをするんだ

 

僕は必死で周りの人や壁にもたれかかったりぐったりするなどアピールをした

 

もちろん心配もされた

1次会が終わって店の外に出た時も地面に座り込むなど迫真の演技をした

友達に介抱(本当は余裕で歩けます)されながら、

 

無事、離脱。

 

快感すら覚えた

それからというもの僕はずっとこの方法を使って早期離脱ができた

 

そもそも行く必要ない

 

無駄に演技力使ってた

月9で使えばよかったわ

 

そもそも本当に行く必要ない

 

何も得ないし

 

飲み会で上の人と交流してコネを作るとか評価を上げてもらえるんなら百億歩ゆずってまだわからんでもない

そうじゃないなら?

 

行かなくてよくない?

 

飲みにケーションが~、空気読んでさあ~、

 

とか言ってる原始人。

 

そろそろ絶滅したら?

 

NOと言えない日本人

 

僕は卒業しました

(飲み会に関しては)

 

僕は今の職場では就職時の歓迎会以降の飲み会は断ってます

整形外科という小さいコミュニティなので出世とか無いし飲み会じゃなきゃ関われない人もいないしで

来ればいいのに!って言われますけど

かけもちの仕事があるから、と断っています

 

断ることをオススメしようとかそんなつもりはないです

この投稿はただの飲み会に対する怨念を吐き散らかす呪いの投稿なので。

 

飲み会を断って得た時間

 

初めて飲み会を断って過ごした時間

 

背徳感のような開放感のようなドキドキ


たまらん

 

いいぞぉ~

 

君もこちら側へ来るかね?

 

 

 

冗談はさておき

 

 

生産性のない飲み会に行く時間

それを自分の時間に変えたいという人は少なからずいるでしょう

しかし断るのは難しいかもしれません

 

あいつは飲み会を断る奴

空気の読めない奴

そんな事を言われるかもしれません

 

いやいや

そんなこと気にしてたら新しい挑戦なんてできない人間になってしまう

 

失敗を恐れず

批判を恐れず

勇気ある一歩を踏み出すことも大事だと思います

 

飲み会を断ることで

 

こんな大切な事に気づいたよ

 

 

あれ…?

 

 

言いたい事ってこんな感じだっけ?

 

 

 

 

いや違う

 

 

飲み会はクソ

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です