家日記

庭・復活計画~土作り編~

建売の庭はたいてい土が死んでいる(所説あり)

しかしそんな庭でも野菜や木を育てたい…

豊かな庭にしたい…

じゃがいもを庭で育てて以来無法地帯と化していいた庭

最近農業に携わりたい欲求が再燃している男は

再びクワを手にするのであった

※イメージ画像

庭の状況

現在の家に引っ越した当初の庭はこんなかんじ

掘れば掘るほど良くない黒土や粘土質の土、岩がどんどん出てくる庭でした

しかし憧れと努力でなんとかじゃがいもは育ちました

そんなじゃがいもエリアも今では更地になり再び元の風景に戻りました

土を買ったり肥料を買ったりして少し育てたところで最初から買った方が早いし安いよね

というマインドで家庭菜園第一幕は終演しました

しかし最近

手がうずくのです

もう一度、クワを握って

掘りたい…

植えたい…

育てたい…!

おら、自然と触れ合いてえだ。

土作り開始

庭の死んだ土だけでは良い野菜は育たないでしょうし

毎回土を買うのも結構高くつきますし

ということで土作りをすることにしました

材料は簡単!

  • 落ち葉(広葉樹)
  • 米ぬか
  • コーヒーのカス(などの廃棄物)
  • 少量の土
  • 入れ物(プランター)

これらを混ぜて時間を置くと

発酵が進み腐葉土になります

落ち葉は家の前の道路や公園で集めました

米ぬかは農協でも無料で貰えますしコイン精米機でも無料で調達できます

通勤路にちょうどコイン精米があるので持って帰りました

いまや公衆電話級に珍しいものですね

プランターはダイソーで用意

落ち葉と米ぬかを利用した土作り(腐葉土作り)には

いくつか方法があるので

3パターン試してみることにしました

①庭を掘って落ち葉・米ぬか・土をミルフィーユ状に埋めて

 ブルーシートやマルチシートで覆って放置

②プランターに落ち葉・米ぬか・湿った土を入れて10日間毎日1回かき混ぜる

 3か月放置して黒土・米ぬかを追加してまぜ、2,3週間放置

③プランターに落ち葉・米ぬか・湿った土を入れて週1回まぜる(2か月)

 

作りました。

 

完成は早くても2か月後なので気長に待ちたいと思います

 

においはどうなの?って思う人もいるかもしれませんが

 

現時点では匂いは全くありません

 

1ヶ月ほど経って発酵が進むと土の匂いが強くなるかもしれません

 

悪い土になると酸っぱいような嫌な匂いになり

良い土になると不快な匂いは全くしないといいます

 

まあ、もしもの時の消臭アイテムもあるので大丈夫でしょう!

 

 

さすがに庭の全ての土を自分で蘇らせるのは無理なので

市販の土を買ったりするとは思いますが

 

土の完成を待つのと並行して庭づくりをしていけたらと思っています

 

それではお楽しみに!

 

 

続きはコチラ

庭復活計画~土作り・後編~ 建売の庭はたいてい土が死んでいる(所説あり) しかしそんな庭でも野菜や木を育てたい… 豊かな庭にしたい… じゃがいもを庭で育てて...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です