医療系

PT思い出日記~地獄の実習編~

 

こんにちは。ワタリです

前回は理学療法士養成校の終わりなき課題について書きました

今回は、最大の難関といっていい、病院実習について書いていきます

 

 

楽しい楽しい実習の時間だよ~

 

 

病院実習というのは、学生が現場での働き方を学ぶための研修期間みたいなものです

1日、1週間、3週間、7週間と上の学年になるほど期間は長く、そして濃密になります

僕の通っていた学校は特に実習期間が長く、3年生になると7週間の実習が3回(3か所)ありました

実習先は基本、自宅から1時間以内で通える距離から選ばれます

整形外科、小児科、老人保健施設などジャンルの希望は出せます

病院によって実習生に優しい所、厳しい所様々で、当たりはずれがある現状です

過去には実習生に対して相当厳しく追い込んでいたためか、うつ病になったり自ら命を絶ったりといった事もありました

 

僕は不安で仕方なかったですが、酷い人の話を聞くとまだ恵まれていた方だったと思います

 

実習先での内容は実習先でも違いますが、テンプレ的なのはこんな感じ?

  • 掃除
  • 空いた時間は自主勉強
  • 先輩達のリハビリを見学(質問はしなければいけない)
  • 申し送り、カンファレンスや家屋訪問などのイベントの見学
  • 担当患者の評価、リハビリ内容を考える、実施
  • 担当指導者からフィードバック、課題
  • 症例発表会

 

病院を出れるのは早くて19:00遅い所だと22:00くらいまで拘束

 

わしは大罪でも犯したんかってくらい牢獄にいた気分

 

リハビリ室の掃除(決まった工程)を1人でさせられたこともありました

どんなに急いでも1時間かかり、「何しに来たんだっけ?」と思った

でも1人になれる掃除の時間が最も心が穏やかでした

 

見学はとにかく眠い!だるい!足つらい!

 

見学は早くて20分間、長くて60分間同じ場所!

立ちっぱなしかしゃがみっぱなし!つらいね!椅子を出してくれる所もあるよ☆

足の裏いてー。膝裏に汗もできるー。

疲労とじっと見てるだけで眠気も襲ってきます

僕は眠くなったら太ももにペンを刺すようにしてました。 拷問かな?

マスクの下でバレないようにあくびをする技術は無駄に向上しました

 

僕が見学で最も辛かったのは”必ず質問しなければいけない”ことでした

暗黙のルールでもあるし、向こうから「質問ある?」と聞いてきます

そこで何も聞けないと印象が悪くなります。興味ないんだ。とか何を見てたの?とか…恐ろしや…

1年の頃に質問が全然うかばなかった時、

「そっか。質問しなくても全部わかるんだ。すごいね(殺気)」

と言われたこともありました。気で殺されそうでした

 

みんな!質問は用意しとこうね!(切なる想い)

 

実習生仲間とトイレはオアシス

 

実習先では他の学校の実習生も来ることがあります。大きい病院は特に。

自主勉や昼休憩などで相席することが多いです

敵の敵は味方

そう。実習仲間は唯一の味方なのです  ※環境によって異なる場合があります

昼休憩での他愛のない会話。愚痴。アドバイス。涙が出そう。癒し。たまらん時間だった。

こいつとは一生の友達になるんじゃないかとさえ思えた。
(連絡先を交換した人は一人もいない)←カス

 

そしてトイレ。

やっぱりトイレには神様がいた。癒しの神様が。

家の中でもトイレが最もリラックスできるという話は有名

実習先という名の煉獄でも同じだった。

一瞬でも戦慄な茨道を忘れさせてくれる、そんな聖地

 

トイレ。きれいにしとこうね

 

 

レポート、そして滅びの公開処刑(症例発表会)

 

帰宅後やることはたくさんあります

見学で疑問に思った事を調べる、明日の予習、フィードバックで課された課題

そして担当患者のレポート…!

実習先、学校によっては十何枚も書かされます。(課題の記憶が蘇る…)

僕は2週間毎日レポートを提出しては添削→やり直しの繰り返しでした(途中からタイムリープ説)

 

実習終盤になると、担当患者のレポートを症例発表会というかたちで発表します

基本リハ科にいる人全員聞きます

人数としてはクラスの発表会程度ですが、ベテラン、意識高い系、質問たくさんしたい熱血系など、実習生殺しに長けたエリート殲滅部隊が配置されてるわけです

 

ったくよ―― 自由の代償は高いぜ
夢を抱きしめろ そして どんな時でも――
ソルジャーの誇りは手放すな
いらっしゃいませー!

byザックス  クライシスコア ファイナルファンタジー7より

 

ザックス、あんたは英雄だよ…
あんな部隊を前に臆することなく
僕もザックスみたいに英雄になりたいな…

 

 

わい、無事殲滅

 

容赦ないもん、あいつら

「その検査はやる必要あった?」「その数値って正しい?」「この考察はどの文献から考えたの?」「ここの書式おかしいよ」「この治療方法で治るの?」

 

うわああああああああああああ

 

ってなるよ

 

その日の帰りは乗り換えまでの4駅くらい歩きで帰ったよね

 

 

多くのことを学ぶ実習

 

散々実習の嫌な事を書いてきましたが、実習は多くのことを学びます

 

  • 理学療法士の仕事の実際
  • 睡眠時間を獲得するために課題を早くこなす能力
  • 苦難を乗り越える力
  • 苦難を乗り越えた達成感
  • 挨拶の大切さ など

 

正直僕は今の職場より実習のほうが辛かったです

実習の時の挨拶なんてひどいもんでした

 

朝はリハ室の入り口でみんなに聞こえる声で

「おはようございます!今日も1日よろしくお願いします!」

夜は

「今日も1日ありがとうございました!お先に失礼します!お疲れ様でした!」

 

 

軍隊かよ

 

今は

「おはよーございまーす。おねがいしまーす」

「お疲れ様でしたー」

 

 

平和。

戦争はもう終わったんだ…

 

ま、こんなかんじで、あの苦難を乗り越えられたから、何でもやっていける!
っていうモチベになったりします

社会人になる前の洗礼ですかね

苦労した経験は人を強くします

涙の数だけなんとやらです

 

これから理学療法士を目指す人

どうか負けずに頑張ってほしいです

 

 

 

実習のことを思い出しながら書いてたらけっこう長くなってしまいました

今回はここまでにします

 

今日も1日ありがとうございました!お先に失礼します!! (後遺症)

 

 

エンディングテーマ KAN/愛は勝つ

 

地獄の実習編  完

 

 

次回!国試大戦争!

絶対見てくれよな!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です